雑感:グーグル日本語入力(09/12/07)

グーグルから日本語入力ソフト「Google日本語入力」ベータ版が公開されました。最初からマルチプラットフォーム対応で設計されていたようで、32bit版のWindows XP SP2以降 / Vista SP1以降 / 7またはMac OS 10.5以上に対応しています。
その一番の売りは登録言語をネット上のクロール済みのWebデータから辞書を自動生成しており、人手ではカバーしきれないような新語や専門用語、芸能人の名前などを網羅している点が特徴です。また、携帯電話やATOKなどで有名なサジェスト機能(予測変換機能)を持ち、しかも無料で提供されています。ナヴィゲーションに続いて、日本語入力ソフトを販売する企業にとってかなり脅威になっていくのではないでしょうか。
僕個人の考えてしては、ATOKのような、マンパワーで定期的に語彙を検討して登録言語をアップデートしていった日本語入力ソフトとある程度住み分けが出来るのではないでしょうか。プログラムによって無作為に吸い上げられた言語が、はたしてキチンと使える日本語として紡ぎだされるのかも、疑問です。ノイズのような一過性の言葉や、2ちゃんねる用語のような言葉が大量に登録され、変換キーを何度も叩くはめになる、という事があるかもしれません。グーグル日本語入力のデキが、既存の入力ソフトを過去のモノとするほどのものでは無い限り、おそらく、今までお金を出してまで入力ソフトを手に入れようと考えていなかった人が、このグーグル日本語入力を手に入れ、それまで、有料で出に入れていた人は他のソフトを買うと思います。グーグルとしても、このソフトで利益を得ようとは考えていないと思います。それよりも、AndroidやChrome OSなどのプラットフォームに統合され、OSの構成を盤石なモノにするため開発されたのでは無いでしょうか。
このソフトの始まりは、グーグルの社員が勤務時間の20%を自分が重要だと思うプロジェクトに時間を費やせる「20%ルール」から開発が始まっているそうです。会社に言われたことではなく、自身が仕事を見出し、責任を負う。これからも、どんどん魅力的な製品が出てきそうな予感がします。OSをアップデートしないと置いて行かれるかも・・・。
<参照> Google 日本語入力 – ダウンロード
     Google日本語入力 ショートレビュー - engadget日本版
     Google日本語入力は「グーグルでないと作れないソフト」 - INTERNET Watch
(奥田)