制作会社の役割と分担

 会社概要としてHPを作る場合はパンフレットに近い作りになるので制作会社主導でもさほど問題にはならないが、ECとしてのHP作成を考えた場合更新できる部分はショッピングカート部分で良いのでしょうか?「HPは自動販売機では無い」の言葉の通り売り子としての役割をページにももたせて行かないといけません。その場合、販促のための説明や付加価値を付けるためのページの作成が必須となります。大枠のデザインは制作会社に、内装の細かい点は自社で更新できるような形を取っていかないと更新費用が利益を圧迫したり情報の新鮮さ(簡単に新しい情報を顧客に提供できるか?)という点が問題なります。

更新について

 制作の段階で更新について考えているだろうか?HPの性質上公開して終わりではなくむしろそれが始まりである。そう考えると作った後のメンテナンスが非常に重要な位置づけになる。特に商品紹介等が掲載されたページをそのまま放置しておくのは陳腐化したときに非常に問題になってくる。制作する際に更新の予算を考えているだろうか?予算が取れないのであれば自社で更新できるような制作方法を選ぶ必要がある。そこでもあまりにスタイリッシュなページを作成してしまうとデザイン的な融通がきかなくなりコンテンツを自由につくれなかったり、ページに対する更新そのものが業者を通してでないと不可能になりコスト的にもかなり割高になるという事も考慮に入れておかなければなりません。

コストパフォーマンス

 HPの制作コストはどれくらいが妥当であるか?安い物は10万台~高い物になると数千万円までとても幅広い。基本的に動きをHPに付けると値段はウナギ上がりになる。しかし跳ね上がった分の意味があるのかははなはだ疑問と言わざるをえない。仮にトップページのデザインが同じとしてページ内の一枚の画像が綺麗な写真であるか、動きのあるフラッシュであるかでの印象の違いは購買に与える印象は微々たる物だが値段にすると10倍以上の違いがでることもめずらしくない。作成者側の自己満足で不当に価格が跳ね上がってるといえないだろうか?特にトップページがフラッシュのみというページはよほどイメージを先行させる必要があるページ以外はコストパフォーマンスは悪いといえる。芸術家のHPなどは別だろうが・・・

ノウハウの放出の是非

 HPを本格的に作ることは自社のノウハウを紙面化することにつながります。ターゲット営業手法を公開する事になるわけですから。同業者への影響などを考えると二の足を踏むところもあるとは思いますがHPで何かを探しているお客様は基本的に情報が多いところに集まります。何社かのページを順々に見ていくと読みたいと思うページに出会います。私はHPを作成する際、作成される同業のHPを見て回りますが自分に本来関係の無い物であってもページによって興味をひかれ今すぐどうこうということでは無くても何かあったときにあそこに情報があったと言うことを思い出して再訪することもしばしばです。ノウハウを出すことは諸刃ですが、そのノウハウの放出の変わりにお客様の信頼をえられるのであれば安い物ともいえます。

イメージの所在

 フラッシュや綺麗な画像が華やかに動き回るページは一見とても良さそうに見えます。すこし考えてみてください。自分が普段利用するページはそんなに派手ですか?むしろフラッシュを多用した意外性のあるデザイン重視のページはボタン等がわかりにくいことが多くは無いですか?陳腐化したデザインにはわかりやすいという大きなメリットがあります。ボタンやリンクがわかりにくいと折角用意したコンテンツを見つけてもらえない可能性もあります。パンフレットなどはページをめくるという陳腐性を残してあることによって見せる側の意図通りに見て貰うことが出来ます。HPはどのページが最初でどのページが最後というのは普通ありません。そこを考えると奇抜なのも善し悪しです。